本文へジャンプ

症状別トピックス

蓄膿症について

公開日:2011.05.13(金)

蓄膿症とは?

顔面の骨には、副鼻腔とよばれる、骨で囲まれた空間があります。副鼻腔は小さな孔で鼻腔と交通しており、健康な状態では、空気が入っていて、薄い粘膜が一枚、骨の表面を覆っています。この粘膜は、粘液を産生し、繊毛(せんもう)運動で粘液を鼻腔へ排出しています。かぜやアレルギー性鼻炎などで、この鼻腔との排泄ルートがつまってしまうと、副鼻腔の粘液は鼻腔へ排泄されなくなり、粘液がたまってしまいます。さらに、細菌感染がおこると、副鼻腔に膿汁がたまり、頭痛や鼻水、鼻づまりをおこしてきます。これが蓄膿症(ちくのうしょう)です。

なぜ治療が必要なのか?

蓄膿症は、頭痛、鼻水、鼻づまりを起こすだけでなく、集中力の低下や、生活のQOLに影響を及ぼします。膿性の鼻みずがのどへ流れて、咽頭の炎症や、慢性のせき、喘息の悪化なでを引き起こします。蓄膿症が慢性化すると、鼻茸(ポリープ)ができ、鼻づまりがつづいたり、においがなくなったりします。

続きを読む


アレルギー性鼻炎について

公開日:2011.05.13(金)

アレルギー性鼻炎とは?

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つの症状を起こす、鼻の粘膜の過敏症(かびんしょう)です。

ハウスダストやダニ、スギ花粉などのアレルゲン(アレルギーの原因物質)が鼻の粘膜を刺激して、鼻汁の過剰な分泌や、鼻粘膜の浮腫(はれ)をおこしてくるために、鼻水や鼻づまりの症状がおこります。

アレルギー性鼻炎は、通年性(一年をとおして症状がつづく)と、季節性(特定の季節に症状がでる)の2つのタイプがあります。「通年性」アレルギー性鼻炎の原因はおもにハウスダストやダニ、「季節性」の原因はおもにスギやブタクサなどの花粉です。

なぜ治療が必要なのか?

  • 鼻づまりで夜も眠れない
  • 鼻づまりがひどくて勉強に集中できない
  • テイッシュが手ばなせない・・・

最近では小学校低学年から中学生、高校生にかけて、アレルギー性鼻炎が増加しています。

ちょうど就学期にあたるため、慢性的な鼻づまりによる集中力の低下や頭痛、夜間の不眠など、鼻づまりや鼻水が、日常生活でさまざまな支障を引き起こしてきます。

これらは、単純に鼻がわるいだけでなく、勉強やスポーツなどにおいて、本来持っている能力さえも発揮できなくなります。

大人でも、慢性的な鼻づまりは、仕事の能率を低下させたり、ひどいいびきや睡眠時無呼吸を起こしてきます。

さらに、においがわからなくなるために、食べ物の味がおいしく感じられず、香りを楽しむといった生活の豊かさも失われてしまいます。このような症状を改善すること、すなわちアレルギー性鼻炎の治療と真剣に向き合うことは、個人の能力をじゅうぶんに伸ばし、仕事や勉強の能率を上げ、生活の快適さを高めることになるのです。

アレルギー性鼻炎に対する治療

アレルギー性鼻炎の治療法は、薬で症状をやわらげる治療と、根治的な手術治療の2つに分かれます。

前者は、くすりや点鼻薬で症状を軽くする治療、後者は、根治的な手術でほとんど完全に治してしまう治療。どちらを選択するかは、個人個人のアレルギー性鼻炎の病態に関係してきます。

くすりが効かない人に、くすりの治療は無駄で意味のないものですし、軽症の人に手術は必要ありません。これは、詳細な問診、CTやレントゲンを含む精密な画像検査、内視鏡所見などによって個別に決定されます。

以下に、一般的に行われる、くすりの治療以外のアレルギー性鼻炎の治療法を示します。

続きを読む


定永耳鼻咽喉科へのお問い合わせは

お電話でのお問い合わせは
0985-23-6597
【月~金】9:00~18:00* 【土曜】 9:00~12:00
*水曜日・木曜日(終日)、土曜日の午後、日・祝日は休診日となっています。
ホームページからのお問い合わせは
お問い合わせフォームへ
お問い合わせ頂くお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。SSLに対応していないブラウザをご利用の場合や、 FireWall等の設定によりアクセスできない場合がございます。ご了承下さい。

症状別トピックス

一覧で見る

Information

医療法人社団明仁会
定永耳鼻咽喉科

アレルギー科

定永耳鼻咽喉科・外観

〒880-0812
宮崎市高千穂通2-2-1
TEL 0985-23-6597
FAX 0985-28-8534

アクセスマップ

診療時間

 
9:00~12:00 ○ ○ 手術 手術 ○ 休診 休診
14:00~18:00 ○ ○ 手術 手術 ○ 休診 休診
  • ※土・日曜日は休診。水曜日・木曜日は終日外来診療はありません。
  • ※来院前に必ず診療時間をご確認下さい。

モバイルサイト

採用情報

ページの先頭へ