手術支援機器

手術は、

経験豊富な医療スタッフが、
一人一人に合わせた最良の手術法で、
安全かつ確実に行うこと

これが最も大切なことだと考えています。
良い手術を行うためには、このすべての要素をみたす必要があります。

手術支援スタッフ

経験豊富な医療スタッフでは、当院には勤続30年以上のベテラン看護師が複数在職しています。各看護師の手術直接介助経験も数千例を超え、介助操作に関してはよどみなく手術の進行を隅々まで知り尽くしています。

最良の手術方法

最良の手術方法は、適切な検査と正確な診断から生まれます。

手術支援機器

3つめの安全かつ確実に行うためには、必要なものがあります。それは、手術の技術を生かし、より良い結果を生みだす、適切な手術支援機器です。これは一般的な手術用鉗子などではなく、手術に使用する機械というとわかりやすいかもしれません。
例えば、鼻の手術では、レーザー、アルゴンプラズマ凝固、高周波切開装置、超音波切開装置(ハーモニックスカルペル)、高解像度の内視鏡や内視鏡洗浄装置、手術野のイリゲーションシステム、マイクロデブリッダーなどです。耳の手術では、顕微鏡や乳突洞削開用のドリル、耳小骨用のスキータードリルなどがこれにあたります。

当院では開院以来、手術治療を支援する手術支援機器を可能な限り購入し、手術室で使用してきました。手術を受ける患者さん一人一人に、最高の環境で、良質の手術を実施するために必要と考えているからです。レーザー光と同じことは人の技術ではできません。高周波メスの無血の切開線は、ふつうのステンレス製のメスでは絶対に作れません。高い技術力はもちろん必要ですが、人の技術だけでは最高の手術はできないと思います。これはもちろん一般外科手術全般に言えることと思います。”良いものは使う” ”必要なら使う” 人の技術でないとできないことと、器械にまかせるとより良い結果を出してくれるところをしっかり分けて、患者さん一人一人により良い手術結果をもたらせるように努力することが大切だと思っています。
以下に、現在、当院で主として手術室で使用している、中心的な手術支援機器を紹介します。今後も良質な支援器械が開発されれば、すぐに使用したいと思います。

手術室で使用している医療機器一覧(2021.7月現在)

アルゴンプラズマ凝固 Erbe 社製(独)

アルゴンプラズマ放電により出血点から離れた部位から非接触型の止血を行います。
消化器外科の手術や肝臓手術などでも使用されています。

高周波切開装置1 ellman社製(米)

高周波メスです。ほとんど無血の切開が得られます。

高周波切開装置2 ellman社製(米)

高周波メスです。モノポーラ、バイポーラ仕様。

高周波凝固装置(セロン) Olympus 社製 (独)

下鼻甲介の粘膜内凝固に使用します。
ほとんど無出血です。

超音波切開装置(ハーモニックスカルペル) 

超音波振動で出血のない切開を行います。
胸部外科手術などで多用されています。

半導体レーザー IHD 社製(米)

半導体レーザーの切開ではほぼ完全に無血の切開線が得られます。

内視鏡  0°30°45°70° Storz 社製(独)

手術用内視鏡です。鼻の手術に使用します。

IMAGE 1 CCDカメラ Storz 社製(独)

鼻の手術に使用しています。すべての手術操作を内視鏡下に行います。

XENON NOVA 300  Storz 社製(独)

内視鏡キセノン光源装置です。

クリアビジョンⅡ Storz 社製(独)

内視鏡洗浄装置。
内視鏡先端の曇りを洗浄するイリゲーション装置です。
手術の時間短縮に効果を発揮します。

ユニドライブⅢ Storz社製(独)

鼻のポリープを切除する機械です。

マイクロデブリッダー Storz社製(独)

ポリープだけを吸い込んで周りを傷つけずに切除します。
ハンドピース先端は鈍で組織にやさしい構造になっています。

ダイヤモンドバー VISAO

表面をダイヤモンドコーティングされたバーです。
耳科手術に使用します。

ダイヤモンドバー(MIDAS REX)

表面をダイヤモンドコーティングされたバーです。
耳科手術に使用します。

IPC パワーインスツルメント Medtronic 社製(米)

鼻と耳の手術で使用します。

手術用顕微鏡 OPMI VARIO  Zeiss 社製 (独)

焦点深度が深く解像度が高く、操作性に優れた顕微鏡です。
耳の手術操作をより安全にスムーズにします。 

サージウェーブ (モリタ製作所)

真珠腫性中耳炎の手術などで乳突削開術に使用します。

スキータードリル Medtronic 社製(米)

アブミ骨手術に使用します。