鼻のTopics

  • 線維性骨異形成症 -耳鼻咽喉科でみる骨の病気-

    "骨" の疾患です。骨の病気なのに、どうして耳鼻咽喉科なのでしょう?線維性骨異形成症は骨の病気ですが、耳鼻咽喉科の外来を受診します。頭蓋骨、顔面骨の画像診断で偶然、見つかることも少なくありません。 今回は、"線維性骨異形成症" という疾患について書きます。 線維性骨異形成症とは? ...続きを読む

  • 遺伝性出血性末梢血管拡張症 – オスラー病 –

    遺伝性出血性末梢血管拡張症という疾患があります。全身の血管に異常(血管奇形)が起こり、出血症状が現れる遺伝性の疾患です。オスラー病とも言われます。今回は、この稀な疾患について書きます。 病名について 遺伝性出血性毛細血管拡張症(Hereditary Hemorrhagic Telang ...続きを読む

  • 原発性線毛運動不全症

    原発性線毛運動不全症。 複雑で長い病名です。線毛機能不全症候群 ( primary ciliary dyskinesia, PCD )とも呼ばれます。 原発性とは、"原因が特定できない"という意味です。病名からは、何か"線毛運動"に異常がある病気らしい…と推測できます。 今回は、全身的 ...続きを読む

  • 眼窩壁骨折

    今回は眼窩(がんか)壁骨折について書きます。 眼窩とは? 図1 眼窩(orbita) https://en.m.wikipedia.org/wiki/Orbit_(anatomy) 眼窩(=ORBITA)🟩です。 (図1) 眼窩(がんか)とは、眼球をおさめている円錐 ...続きを読む

  • 鼻骨骨折

    痛そうです。すらっとした鼻筋がくの字に曲がって…映画のワンシーンなどで鼻が折れた登場人物が、自分でぐいっと戻すシーン。見たことありますか? 今回は、痛そうな鼻骨骨折について、書きます。 鼻骨って何? 一度くらいは聞いたことがある鼻骨骨折。でも、鼻骨って一体どこでしょう。まずは、外 ...続きを読む

  • 副鼻腔炎治療ツール

    副鼻腔炎の治療。薬を飲んでだめなときは手術。一般にはその通りです。ですが唯一、特殊なデバイスを使用することで手術治療との境界を埋める低侵襲の治療方法が存在します。今回は、この副鼻腔炎治療ツールについて書きます。 副鼻腔炎の治療 副鼻腔炎の治療は、薬の内服と吸入治療が中心になります。高度 ...続きを読む

  • JESREC スコア

    JESREC スコアとは、好酸球性副鼻腔炎の確定診断と重症度を判定するために考案された点数です。一定点数を超えれば、好酸球性副鼻腔炎と診断され、この点数が高いとより重症であり難治性であると判断されます。 好酸球性副鼻腔炎 まず、耳鼻咽喉科で副鼻腔炎の診断があること。そして、好酸球性副鼻 ...続きを読む

  • 鼻中隔わん曲症 -その2-

    「鼻中隔が曲がっています。」「わん曲症があります。」 耳鼻科で言われたことがある方もおられると思います。 前回、鼻中隔わん曲症について書きました。鼻中隔わん曲症今回は、鼻中隔わん曲症の2回目です。 鼻中隔とは? 鼻中隔とは、どこでしょう。 図1 鼻中隔 htt ...続きを読む

  • 嗅覚 -その4-

    視力、聴力は年齢とともに衰えます。嗅覚に加齢はあるのでしょうか。今回は嗅覚障害の原因とともに、嗅覚と年齢の関係についても書きました。 嗅覚の発生 ヒトの嗅上皮は、胎生4週に発生すると言われています。出生時にはヒトの嗅覚系はほとんど完成しています。 年齢と嗅覚 嗅覚は加齢変化 ...続きを読む

  • 嗅覚 -その3-

    再度、嗅覚について書きます。今回は嗅覚受容体と遺伝子についてです。 匂い分子 嗅覚受容体について書く前に、匂いとは何かについて復習しましょう。 匂い分子は、分子量300以下の揮発性低分子化合物です。分子量が300以下ということがどんなに小さな物質か、化学の知識がある方は実感される ...続きを読む