子どものはなみず

子どもさんは、よく鼻水を垂らしています。熱がなくても鼻水だけはよく出ます。
お母さんたちは、子どもさんが鼻水が出ていると、とても心配されます。そして小児科や耳鼻咽喉科へ連れて来られます。
今回は、お母さんたちが心配される、子どもさんの鼻水について、書きました。

鼻水の色

子どもさんは、よく鼻水を垂らしています。
大抵は透明で水っぽい鼻水ですが、風邪をひくと色がつきます。鼻水が黄色くなると要注意です。ちくのう症(副鼻腔炎)を起こしているからです。
では、なぜ鼻水に色がつくのでしょう。
透明な鼻水は、アレルギー性鼻炎のことがほとんどです。感冒の初期の急性鼻炎でも見られます。それは元来、鼻水は透明だからです。黄色い鼻水は、感染を起こしているから黄色くなっているのです。では何故、感染を起こすと黄色くなるのでしょうか。

急性鼻炎の鼻水

急性鼻炎は90%以上がウイルス性と言われますが、ウイルス感染によって急性鼻炎が長く続くと、多くは鼻づまりから細菌感染を併発してウイルスと細菌の混合感染が起こります。
急性鼻炎の原因となるウイルスは、ライノ、RS、インフルエンザ、アデノ、コロナ*などのウイルスがあります。
(*新型コロナウイルスではありません)

鼻粘膜にウイルス感染が起こると、炎症メディエイターであるヒスタミン、ブラジキニンが放出され、この2つによって、三叉神経終末の刺激反射による鼻腺分泌亢進と毛細血管からの血漿漏出が起こります。
そのため、鼻水が大量に出てきます。
これが急性鼻炎の正体です。 

急性鼻炎によって鼻粘膜に炎症が起きると、集まってきた白血球(好中球)が細菌やウイルスを取り込んで死滅します。このとき死滅した好中球に含まれているミエロペルオキシダーゼが緑色の色素を持っているので、鼻水が緑色になるのです。
風邪のとき、初めはサラサラの水っぽい鼻水がでて、しばらくすると黄色や緑っぽい鼻水になります。(黄色い鼻水)

急性鼻炎の治癒過程で一過性に黄色や緑っぽい色の鼻水が出るのは、こういった理由ですので、とくに心配はいりません。

副鼻腔炎の鼻水

もう1つ、黄色い鼻水の原因は、急性鼻炎に続発して、副鼻腔炎が起こることで見られます。
ウイルス性の急性鼻炎が続くと、鼻粘膜は炎症によって腫れ、鼻づまりが起こります。鼻づまりが長く続くと、鼻腔内で細菌感染を併発して、急性副鼻腔炎を起こします。

急性副鼻腔炎が起こると、副鼻腔の粘液に膿(うみ)が混じって副鼻腔の空間に貯まります。この膿の中には、細菌がたくさん増殖しています。
大量に増殖した細菌、大量に死滅した細菌、細菌を取り込んで死滅した大量の白血球、細菌が出す外毒素。これら全部を含んだものが副鼻腔炎の膿です。副鼻腔炎の膿は、黄色や緑っぽい色がついています。そしてドロっとして臭いがあります。
膿は細菌を多く含むため、膿の色は細菌の状態を反映します。
肺炎球菌では鉄錆色に近い色に、緑膿菌では緑色に、黄色ブドウ球菌では黄色になります。(黄色い鼻水)
副鼻腔炎の鼻水の色は、感染による細菌の色なのです。

一般に細菌の数が10の7乗/mlを超えると、膿の色が濃くなると言われています。

耳鼻科の3つの菌

耳鼻咽喉科でいちばん多い細菌3つ、副鼻腔炎や中耳炎の起炎菌とされている肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリス。これら3つの菌では、どうでしょうか。

肺炎球菌は鉄錆色となっていますが、実際は黄色や緑色の濃い鼻水が出ることも多く見られます。
インフルエンザ菌は、緑色になると言われています。
緑膿菌は緑色です。
黄色ブドウ球菌は黄色ですが、細菌の莢膜(菌の外側の厚い殻)の種類によって、膿の色はすこし変わってきます。
モラクセラ・カタラーリスは、はっきりした報告がありません。

このように、膿の色は細菌の状態をよく反映しますが、実際は多くの場合、黄色から緑色をとることが多いと思われます。
これは推測ですが、すべての細菌感染には好中球がたくさん集まり、死滅するので、好中球に含まれるミエロペルオキシダーゼの色素(緑色)によるものではないかと考えています。膿の中では、すべての細菌の色(鉄錆色、黄色、緑色)に緑色が混じっていると考えられます。

鼻水の色

何か少し難しい細菌の話になりました。
さて、子どもさんの鼻水です。
黄色い鼻水は風邪のウイルス感染の後、または副鼻腔炎を起こしたときの色だとわかりました。ウイルス感染は数日で治りますから心配いりません。問題は副鼻腔炎です。

今までの議論で、副鼻腔炎の鼻水の色は、細菌の状態を表していることがわかりました。細菌の種類によって鼻水の色が違うことも理解できました。しかし実際は、好中球(白血球の1種)が死滅したとき緑色の色素が混じるから、ほとんどの鼻水は黄色か緑色になることが多いこともわかりました。

” 結局、鼻水は黄色でも緑色でも、それ自体あまり診療に大きな情報にはならないの?”
と聞かれそうです。

そうかもしれません。では一体どうすれば良いのでしょう。

細菌を知る

細菌の種類を知ることができれば良いのです。鼻腔細菌検査という検査があります。子どもさんの鼻の入り口に検査用の綿棒をくるっと回して鼻水を採取し、培地スティックに差し込んで細菌検査に出すのです。
これは、何10年も昔からある簡単な検査ですが、治療にはとても有用な検査です。副鼻腔炎の起炎菌を100%確実に知る方法です。痛がらず、1秒くらいで取れます。鼻水がくっつけば良いのです。保険適応ですし高い検査ではありません。そして、いちばんの治療指針になります。この菌をターゲットにして治療をすれば良いのです。

耳鼻科の3つの菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラカタラーリス)や、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、さらにはBLNAR, PRSP, MRSA, 多剤耐性緑膿菌などの薬剤耐性菌などの細菌感染が、子どもさんの鼻腔に起こっているかを、この鼻腔細菌検査で確実に診断しなければなりません。

結局どうすれば?

たくさんの情報を知りました。では、子どもさんに黄色や緑色の鼻水が出たとき、どうすれば良いのでしょう。

まずは、鼻水の色が一時的なものかどうか見てください。風邪を引いていて、水っぽい鼻水がすこし黄色みを帯びてきたら、鼻水の色をしっかり見ましょう。すぐに耳鼻科に行く必要はありません。黄色い鼻水が数日で治れば、ウイルス感染の後の鼻水です。そのまま様子を見てください。鼻水が多いときは、お母さんが洟(はな)を吸ってあげることは必要です。

黄色い鼻水や緑色の鼻水が、5日以上続くときは、副鼻腔炎を起こしている可能性があります。すぐに耳鼻咽喉科へ連れてきてください。
熱がなくても中耳炎になったり、小さな子どもさんでは肺炎や髄膜炎を起こして重症化することもあります。副鼻腔炎が長引くと、細菌を含んだ膿性の鼻水がのどへ流れていきますから、小さな子どもさんは細い気管支に鼻水が入り込み、ゼロゼロしたり苦しそうな咳が続いたりします。
4歳以下の子どもさんは、小児科医と連携して治療するのが最も良い治療だと思います。とくに熱がある時は、小児科医による全身的な検索が必要です。副鼻腔炎の後鼻漏で多くの子どもさんが気管支炎を併発していることが多いからです。
また2022年現在では、新型コロナウイルス感染症への配慮も必要になります。

お母さんへ

お母さん方へ。

子どもさんに鼻水が出ているときは、鼻水の色をきちんと確認しましょう。
子どもさんに黄色い鼻水が出ているときは、”鼻水が、何日続いているか?” を見てください。
長引く鼻水は、要注意なのです。

色がついた鼻水が…
(イメージです)