嗅覚・味覚障害   新型コロナウィルスによる -その1-

  • ホーム
  • Topics
  • 嗅覚・味覚障害   新型コロナウィルスによる -その1-

世界中で新型コロナウィルス感染症が猛威を振るっています。新型コロナウィルス感染症(以下、新型コロナと略します)の特徴として、かなり早い段階から、嗅覚や味覚がなくなることが指摘されていました。

今回は、嗅覚、味覚障害と、新型コロナについて、現在までにわかっていることを中心に書きたいと思います。

嗅覚・味覚障害

皆さんもお気づきのように、嗅覚や味覚の診断治療は、耳鼻咽喉科が担当しています。なので、われわれ耳鼻咽喉科医も、かなり早期の段階から、新型コロナによる嗅覚味覚障害と、一般の鼻疾患や口腔疾患による嗅覚味覚障害とを、厳格に区別することに慎重に対応してきました。

それって新型コロナ?

初診の患者さんが嗅覚障害で受診されたとき、発熱の有無はあまり参考になりません。もちろん発熱やせき、息苦しいなどの症状を伴っていれば、その時点で新型コロナ感染症が疑わしいと判断されますので、院外でのPCR検査を実施します。PCR検査で陽性か陰性かを判定するまでは、通常、院内での診察は行いません。

問題は、嗅覚、味覚障害だけを訴えて受診される患者さんです。この場合は、問診が非常に重要になります。

感染疑いの場合、基本的に車内に待機してもらい、問診は電話等を使用して行います。

嗅覚や味覚の障害が、突然起こったのか、徐々に起こったのか。匂いは全くわからないのか、少しはわかるのか、などが重要な点です。1週間以内に感染拡大地域からの帰県や県境を跨いでの移動があったか、職場や家族に感染者や熱発者がいるかどうか、濃厚接触の有無、クラスターの発生状況などの情報があれば、できるだけ詳しく聞きます。
とくに本人、家族に感染症状としての異常がみられなくても、本人の通う職場や学校、行き来のある親戚、友人、さらに人の集まる公共施設など、時間と空間を共有する人間関係の全てが感染源の対象となります。

鼻づまりや鼻水など、鼻の症状と同時に匂いがしなくなった場合は、ウィルス性鼻副鼻腔炎などによる疾患の可能性がありますが、この場合も、突然全く匂いを感じなくなるような嗅覚障害は起こりにくいのが現実です。
今回の新型コロナに限らず、以前より冬に流行していたライノウィルス、アデノウィルス、RSウィルスなどは、ウィルス性嗅神経炎を起こすことが知られており(感冒後嗅覚障害)、嗅覚がなくなる原因になりますので、より一層判断が難しくなります。

味覚は一般に嗅覚ほど鋭敏でなく、嗅覚の影響も受けるため、味覚障害の診断は問診だけでは困難です。したがって、新型コロナが否定できないときには、症状をまず嗅覚障害だけに絞って、上記のことをよく検討する必要があります。
感染の可能性があると判断されれば、院外でのPCR検査を行います。

突然の嗅覚脱失

新型コロナに特徴的な嗅覚障害は、ある日突然の嗅覚脱失です。脱失とは全く匂いを感じないことです。鼻の症状がなくて、突然嗅覚脱失が起これば、まず新型コロナの可能性を疑ってPCR検査をする必要があります。発熱や咳、息苦しいなどの呼吸器症状は、出現する場合もあれば、ほとんど無症状で経過する場合もあるため、必要と判断されたら、積極的にPCR検査を実施することが望ましいと言えます。

PCR検査

PCR検査は、もちろん院外で、周りに人がいない状況下に行います。PCR検査の方法は、検体採取に2通りあります。1つは鼻腔ぬぐい液。1つは唾液です。唾液は専用のプラスチックキャップに自分で唾液を入れてもらい、回収して検査します。これは患者さん一人ででき、車の中で検体採取が可能ですので、検査者と患者さんが接触しにくい環境です。一方、鼻腔ぬぐい液では、検査者が、感染が疑わしい患者さんの鼻腔に専用の綿棒を入れて、何回か鼻粘膜を擦過しますので、反射的に咳やくしゃみの暴露の可能性があり、サージカルマスク、フェイスシールド、手袋、帽子、防護服、などの装備を必要とします。
われわれ耳鼻咽喉科医は、鼻腔のスワブ(粘膜擦過)操作には熟練していますので、患者さんの真横から、または後ろ側に回って鼻腔内の綿棒操作が可能です。したがって、比較的安全にPCR検査を行うことが可能です。

オミクロン(ο)株

新型コロナウィルスは、突然変異を繰り返しながら感染拡大を続けるウィルスです。ギリシャ文字の表記にしたがい現在までに、α、β、γ、δ、など順に、μまで12種類の変異株が報告されています。オミクロン株(ο)は、変異株13番目、15番目のギリシャ文字です。

デルタ株は、非常に重症化しやすく危険でしたが、オミクロン株は重症化率も低く、一般には軽症と言われます。ただし、感染力が非常につよく、潜伏期間も短いため、より一層の注意が必要です。
オミクロン株では、従来の新型コロナウィルス感染症に特徴的であった嗅覚障害、味覚障害の発生頻度が非常に低くなっています
発熱72 %, 咳58%, 全身倦怠感50%, のどの痛み44%, 鼻水鼻づまり36%, -以下 – 嗅覚・味覚障害2%となっています。(沖縄県のオミクロン株陽性者50人のデータより転載)
また、ノルウェーでのオミクロン株81人集団感染による論文(2021)では、咳83%, 鼻水鼻づまり78%, だるさ74%, のどの痛み72%, 発熱54%, -以下- 嗅覚異常12%, 味覚異常23% となっています。
従来までは、突然の嗅覚障害、味覚障害の発症は、新型コロナを疑う非常に大きな診断のためのツールであると考えられていました。

欧州の他施設共同アンケートによる、軽症から中等症の新型コロナ451人のデータでは、嗅覚障害85.6%, 味覚障害88.0%であったと報告されています。
また、米国カルフォルニア大学での新型コロナPCR検査陽性者59人のうち、嗅覚障害40人(68%)、味覚障害42人(71%)であったとの報告があります。
さらに、欧州のデータでは、嗅覚障害の重症度は、79.6%が嗅覚脱失、20.4%が嗅覚低下であったことより、嗅覚障害の重症度はかなり高いと報告されています。

以前は、新型コロナを疑い、PCR検査を行うかどうかの判断に大きく関係したのが、この嗅覚、味覚障害でした。

ところが、オミクロン株では、従来の新型コロナにみられた嗅覚障害、味覚障害がわずかしかみられません。したがって、嗅覚障害、味覚障害の症状は、オミクロン株では、新型コロナ感染症の指標にはならないのです。
さらに、従来の新型コロナウィルス感染症では、小児では47%, 成人では32%, 高齢者では20%が、無症候性感染者(無症状)であることが報告されていました。
オミクロン株では、無症候性感染者の割合は、27%(日本), 4%(日本), 20%(デンマーク), 1.2%(ノルウェー)と報告はまちまちです。これは、感染者個人の年齢や合併症、当時のワクチン接種状況などの条件が違うことも関係していると思われます。しかし、いずれの場合でも、一定数の無症候性感染者が存在することは、オミクロン株に限らず、新型コロナウィルス感染症の診断を困難にしています。

耳鼻咽喉科の外来

新型コロナウィルス感染症について、すべてを網羅することは、不可能です。
それは、ウィルス表面のスパイクタンパクの変異やヒトの細胞表面のACE受容体との親和性、mRNAワクチンによる抗体産生に至るまで、すべてにおいて、ウィルスの変異が速すぎるために、世界中で研究が追いつかないからだと思います。
この項でも、新型コロナと嗅覚、味覚障害について書いていましたが、書いている途中で、オミクロン株では嗅覚味覚障害が診断には有用ではないことが途中報告されて、困惑しています。

ただし、やはり突然、嗅覚味覚障害が起こったときは、新型コロナ感染を疑うべきだとは言えるでしょう。そのときは、まず、かかりつけの耳鼻咽喉科に電話してください。そして電話の指示に従ってください。直接受診すべきではありません。もし新型コロナに感染していれば、いたずらに濃厚接触者を増やし、感染を拡大することになるからです。
自分の大切な人を守りたいのと同じように、他の人の大切な人たちも守ってあげてください。お願いします。

突然、カレーの匂いも味もなくなったら…(イメージ)