後鼻神経切断術

後鼻神経切断術について書きます。
すでに当院HP上で説明していますが、どのような手術でどのような症状にする手術なのか、再度理解していただきたいと思います。
後鼻神経の読み方は “こうびしんけい” です。

後鼻神経とは?

後鼻神経とは何でしょう。
後鼻神経は、上顎洞の後壁後方に存在する翼口蓋神経節から始まり、鼻腔の約7-8cm奥の鼻腔側壁にある蝶口蓋孔から、鼻腔を栄養する血管の1本である蝶口蓋動脈に伴走して鼻腔内に出てきます。翼口蓋神経節は、翼突管神経(ヴィディアン神経)とも繋がっています。後鼻神経は副交感神経の1つの種類であり、鼻腔内の副交感神経バランスを調節しています。元来、鼻腔内の粘膜は自律神経支配によるコントロールを受けているため、交感神経-副交感神経系の調節による影響を多く受けやすい器官です。後鼻神経は蝶口蓋孔から出た後、枝分かれしながら鼻腔側壁を走行し、主として左右の下鼻甲介、中鼻甲介に分布しています。
重症のアレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎などで、過剰な副交感神経刺激が続くと、後鼻神経が過度に興奮した状態となり、もとに戻らなくなって、くしゃみや鼻汁分泌が亢進したまま鼻炎が抑制されずに悪循環に陥ってしまいます。

翼口蓋神経節とは?

上顎洞後壁後方に存在する副交感神経節です。前回のトピックス(くしゃみ はなみず)でも書きましたが、翼口蓋神経節はアレルギー性、非アレルギー性にかかわらず”鼻炎のセンター”としての役割を担っていると言えるのです。
翼突管神経も翼口蓋神経節から始まり、別方向に走行しますが、同じく鼻炎のセンター神経の役割があります。

神経の興奮を抑える?

後鼻神経の過剰な興奮が続くことが、慢性鼻炎の病態であることがわかっています。したがって慢性鼻炎を根本的に治療するには、後鼻神経の興奮を抑える必要があります。軽症の鼻炎であれば薬の内服で一時的にせよ効果が期待できますが、重症の鼻炎や慢性鼻炎を反復する例に対して、もっとも確実な方法は神経切除です。外科的に後鼻神経を切除する手術を、後鼻神経切断術といいます。現在、慢性鼻炎に対してもっとも効果の高い治療方法と位置づけられています。アレルギー性鼻炎だけでなく、アレルギーのない温度差や自律神経のアンバランスで起こる血管運動性鼻炎などを含めた鼻過敏症が、この手術の治療対象となっています。

後鼻神経切断術とは?

後鼻神経切断術の手術方法については、当院ホームページに手術の概略が載せてあります。詳しく知りたい方は参照してください。(鼻の手術→後鼻神経切断術)

鼻炎の抑制は?

後鼻神経切断術を行ったときの慢性鼻炎の抑制効果は一体どのくらいでしょうか。1997年に始めて報告された比較的新しい手術方法であり、まだこの手術の歴史は20年くらいと言って良いと思います。長期間の手術後経過を体系的に評価した報告はまだありません。当院での鼻症状改善度は、鼻づまりはほぼ100%、鼻水は80%以上、くしゃみは50%以上の治療効果が認められています。全国的な諸施設での手術成績もそれに近い数値が報告されています。
手術後一定期間経過(数年)後に一時的に鼻炎症状が再発することはありますが、多くの場合、一時的な内服治療で症状を抑えることができます。
根治性の高い治療方法です。

適応は?

後鼻神経切断術の適応は、アレルギー性、非アレルギー性の鼻過敏症で、症状がひどく内服治療でのコントロールが不良である患者さんが対象になります。

合併症は?

現在報告されているこの手術に関する合併症で、いちばん問題になるのは術後3-4週間くらいで起こる遅発性の術後出血です。手術中の出血量は10cc程度であり侵襲の少ない手術ですが、手術から3-4週経過後に、手術後の創部感染につよい鼻かみや重量物運搬などのいきみや怒責動作が加わったとき、条件が揃うと出血が起こることがあります。怒責をしないことと感染の治療コントロールでほとんど回避できます。頻度は0.5%前後との報告がありますが、当院の症例では、2022年現在全く見られなくなっています。

後鼻神経切断術を受けたいとき

アレルギー性鼻炎、非アレルギー性鼻炎の鼻過敏症や慢性鼻炎で、鼻症状がつよく、薬の治療で症状が良くならないとき、再発を繰り返すときなどは、後鼻神経切断術の適応になります。まずは、かかりつけの耳鼻咽喉科でご相談ください。

当院はアレルギー性鼻炎に関して50年以上の手術治療の歴史があり、後鼻神経切断術は現在までに4000例以上行っています。
ご興味がおありの方は当院ホームページの下記ページでご確認ください。

後鼻神経切断術

当院独自の手術治療
手術術式の改良
-後鼻神経切断術について-

重症のアレルギー性鼻炎に効果のある「後鼻神経切断術(こうびしんけいせつだんじゅつ)」とは?

鼻ばっかりかんで
辛いよね…
(イメージです)