Topics

  • 急性副鼻腔炎 -その1-

    今回は、耳鼻咽喉科の外来診療で、非常に多くの患者さんが受診する、急性副鼻腔炎の話です。 副鼻腔炎とは? 副鼻腔は、顔面骨の中に左右4つずつある空洞です。おでこの部分の前頭洞、頬の部分の上顎洞、眼の内側の篩骨洞、篩骨洞の後方の蝶形骨洞。これらの空洞には、正常では、洞の内側に薄いカーペット ...続きを読む

  • アレルゲン免疫療法

    舌下免疫療法 -その1- 飲み薬と点鼻スプレー。花粉を避けること。2週間前からの予防投与。そうは言っても、毎年ひどい花粉症に悩まされる方は、この時期とても憂鬱です。それもほぼ2ヶ月間は続くのです。ヒノキをいれるともっと長引きます。何かもっとすごい治療法はないのでしょうか?その答えが、近年注目 ...続きを読む

  • アレルギーと免疫 -その1-

    みなさん、アレルギー性鼻炎を知らない人はいないでしょう。くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3症状はあまりにも有名です。でも、アレルギー性鼻炎について、どこまでしっかり理解しているでしょうか。アレルギーって何? どうして起こるの? 今回は、みなさんが知っているつもりでじつは知らないアレルギーについて、お伝え ...続きを読む

  • 嗅覚・味覚障害   新型コロナウィルスによる -その1-

    世界中で新型コロナウィルス感染症が猛威を振るっています。新型コロナウィルス感染症(以下、新型コロナと略します)の特徴として、かなり早い段階から、嗅覚や味覚がなくなることが指摘されていました。 今回は、嗅覚、味覚障害と、新型コロナについて、現在までにわかっていることを中心に書きたいと思います。 ...続きを読む

  • 花粉症 -その2-

    前回の「花粉症-その1-」で花粉症について大まかに理解していただけたと思います。今回は、花粉症の病態と治療について、より詳しく述べたいと思います。 花粉症とアレルギー性鼻炎? 「アレルギー性鼻炎はありますか?」と尋ねると、「いいえありません。花粉症ならありますけど。」と答える方がいます ...続きを読む

  • 鼻中隔わん曲症

    耳鼻咽喉科の鼻の疾患で、もっとも頻度が高いものの1つが、鼻中隔わん曲症です。今回は、鼻中隔わん曲症について、書いてみます。 鼻中隔とは? 鼻中隔とは、左右の鼻腔を分けている仕切り板です。鼻中隔は軟骨と後方の2つの骨との3部分から構成されています。わん曲症と聞くと、いわゆる顔の「鼻筋 ( ...続きを読む

  • 花粉症 -その1-

    花粉症とは? 花粉症という言葉はみなさんご存じの方が多いと思います。と言いますか、花粉症を知らない方はいないと思います。それほど認知度の高い花粉症ですが、じつは花粉症という言葉ができたのは1970年代のことです。春に猛烈な勢いで発症するくしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみなどの激しいアレルギ ...続きを読む

  • 鼻茸(はなたけ)って何?

    2019年11月に有名なお笑い芸人のOさんが、TBSの医療番組に出演された際、10年間悩まされ続けている鼻づまりの原因が「鼻茸(はなたけ)」と判明し、手術を決意する様子が放送されたようです。※私はテレビは見ていないのですが、記事を読みました。Oさんは、その後2020年6月に副鼻腔炎の手術を受けられ ...続きを読む

  • 重症のアレルギー性鼻炎に効果のある『後鼻神経切断術(こうびしんけいせつだんじゅつ)』とは?

    長期間、薬を服用しても症状が改善せずに、一日中鼻づまりや鼻水が続くような重症タイプの鼻炎はとてもつらいものです。 このような鼻炎は日常生活にも支障をきたし、薬を使用しても、レーザー治療、アルゴンプラズマ凝固でも十分な効果が得られない場合があります。 そこで、このような重いアレルギー性鼻 ...続きを読む

  • 重症のアレルギー性鼻炎にお悩みの方へ

    アレルギー性鼻炎の症状が重い方は、薬の内服や点鼻薬だけでは治療を続けても症状が改善できないことがあります。 当院では、十分な問診を行い、CT 検査や内視鏡、アレルギー検査など必要な検査を行った結果で、薬で治療しても治る見込みが少ないと思われる場合は、患者さんのご希望を伺った上で手術治療をご提 ...続きを読む